ドイツのヴォルフスブルグに位置するフォルクスワーゲンの自動車生産工場では、シーメンスの PLC安全制御システム等様々な機器が使用されています。今回、新たに設備を更新する際にシーメンスの稼働監視サービスを導入したフォルクスワーゲン社は最大40%のエネルギー効率化を達成することができました。

シーメンスの稼働監視サービスは故障に対応するのではなく、事前に先手を打つことでダウンタイムを防ぎます。これにより、コストの削減だけではなくストレスを軽減し、設備を安定稼働させることができるのです。

シーメンスがご提案する自動車産業向けソリューションのページも合わせてご覧ください。