主な利点

旋削向けの幅広いSINUMERIK製品ライン


すべてのSINUMERIK CNCでは、標準的なCNC旋削を容易に実行できます。必要なファンクション範囲や必要なパフォーマンスおよび軸数に基づき、あらゆるアプリケーションで最適なSINUMERIKを使用できます。メインおよび対向主軸、Y軸および回転工具を備えた機械は、SINUMERIK 828コントロールおよびSINUMERIK 840D slの幅広い旋削およびミーリング加工サイクルパッケージによって最適にサポートされます。

 
SINUMERIK 808D ADVANCED
SINUMERIK 828
SINUMERIK 840D sl
SINUMERIKでサイクル制御された旋削
標準的なCNC旋削
SINUMERIKによる旋盤でのミーリング加工 -
SINUMERIKによるマルチチャンネルマシニング -
SINUMERIKによる複合加工 - -
image

多チャンネル加工

旋盤で複数のチャンネルを処理する場合、たとえば大規模な連続生産でサイクルタイムを最小化するために、大きな切削量を極めて短い時間内に処理する必要があります。短いサイクルタイムは、大規模な連続生産では特に重要です。この目標を達成するには、CNCコントローラーはフレキシブルで極めて高性能である必要があります。さらに、SINUMERIK Operateは、マルチチャンネルマシニング動作のプログラミング効率を向上させ、シミュレーションを通じて視覚化します。その結果、3レベルビューを使用する3Dシミュレーションを通じて安全性が向上し、処理時間の自動計算を通じて幅広い制御および最適化オプションが提供されます。

image

バランスカット

SINUMERIK輪郭加工サイクルにより、要件の厳しい4軸旋削動作をCAD/CAMシステムを使用せずにマシン上で直接プログラムすることができます。2つのパラメーターを追加するだけで、1つの工具による機械加工プロセスを2つの工具を使用する生産性の高いバランスカットに拡張できます。輪郭および加工パラメーターを、ガイドチャンネルに入力するだけです。CNC動作は、輪郭加工サイクルによって完全に自動的に作成されます。これによりマシン当たりのワークの処理量が向上し、それと同時に高い機械加工精度を維持することができます。

image

対向主軸

対向主軸テクノロジーサイクルにより、1台の旋盤上の2台の主軸で加工を実行できます。この構成により、ワークは自動的に主軸間を移送されます。対向主軸加工は、ワークを手作業で再固定する必要がないため、生産性と加工品質を向上させます。