オートメーションデジタルツインでお客様のデータの価値を向上

COMOS – データ活用を可能に

化学産業の特徴は、長いプラントライフサイクルと高度に細分化されたデータの集合体です。オートメーションエンジニアやプラントオペレーターも、グローバル化された変動の激しい市場の影響を受けています。これを解決するのはデジタル化です。デジタルテクノロジにより、既存のプラントデータの価値が向上します。データの価値をフル活用することで、企業は競争力を長く維持できます。例えば、実際のプラントのデジタルツインの作成などにデータを使用できます。統合ソフトウェアソリューションCOMOSを使用することで、非常に簡単にデジタルツインを作成できます。

課題

変動の激しい要件に対応

化学分野の企業が商業的成功を収められるかどうかは、HSSE要件(健康、安全性、セキュリティ、および環境)、運用コスト、フレキシビリティ、製品の市場投入時間、成果物など、さまざまな要素によって左右されます。これらの増加し続ける要件に対応するために、企業はデジタル化に向けた次なる一歩を踏み出す必要があります。

市場がグローバル化されることで、エンジニアやオペレーターに対する要求が厳しくなります。プロジェクトの処理や製品の発売には、さらなるスピードが求められるようになります。個別の顧客要件や変更により、コストが上昇します。同時に、セキュリティや環境に関する規制がより厳しくなります。変動し続ける要件には、経済的および法的レベルで早期に対応することが重要です。しかし、長きにわたって商業的成功を収めるために最も重要なことは、デジタルテクノロジのタイムリーな実装です。

image

既存の制御システムが要件を満たさないことが多々あります。

変動の大きな環境で生き残るために、化学産業の企業には今までとは違ったやり方が必要です。その目的は、将来的に対応可能な状態を長期にわたって維持し、生産性、品質、およびフレキシビリティを継続的に向上させることです。関連するすべてのシステム間でシームレスな情報フローを実現することが、エンジニアリングの分野においても、エンジニアリングとオートメーションの関係においても中心となる課題です。しかし、在庫システムは非常に閉鎖的である、統合の余地が非常に少ない、柔軟性が低いといった理由で、既に要件を満たしていない場合が多々あります。これが、デジタル化戦略の導入と、システムの最新テクノロジへの移行を組み合わせて行う必要がある理由です。

COMOS – データ活用を可能に
パンフレットのダウンロード

オートメーションデジタルツイン

中央データベース内のDCSオートメーションデータをデジタルツインのソースとして使用

統合ソフトウェアソリューションCOMOSを使用することで、プロバイダーが異なる制御システムからのオートメーションデータを統合して再エンジニアリングに利用したり、新しい制御システム用に使用したりすることが可能になります。

効率的なプラントマネジメントには、COMOSのような統一データプラットフォームが不可欠です。統一データプラットフォームの導入により、プラントエンジニアリングやオペレーションに関するあらゆる作業の最適なコラボレーション、連続性、および一貫性を維持できます。システムはこれをさまざまなソースを統合することで実現します。COMOSソフトウェアソリューションのオートメーションデジタルツインを使用すると、プロセス制御システムから読み出したオートメーションデータをCOMOSにインポートして、グラフィカルに表示および統合したり、今後のエンジニアリングに活用したりすることが可能になります。COMOSはこのデータを使用して、プラントのデジタルツイン作成、迅速かつ信頼性の高い移行、プロセス制御システムの更新のすべてを単一のソリューション内で行います。

COMOSソフトウェアソリューションのオートメーションデジタルツイン: オートメーションデータの一元処理。

利点

プラントマネジメントを最適化し、情報フローを保証

COMOSは統一データプラットフォームに基づいたデータ統合によって、プロセスの高度な安全性と信頼性を保証します。

データはCOMOSにシームレスかつ整合性を保った状態で転送されます。このデータはいつでも利用でき、常に最新に保たれます。また、高い透明性により領域をまたいで確認することも可能です。COMOSでは、領域間のインターフェースは不要です。サードパーティ製のシステムを接続するための標準化されたインターフェースが既に搭載されているためです。

これにより、設計者やオペレーターは制御システムの移行にかかるコスト、時間、および労力を大幅に削減でき、データの消失も避けられます。アズビルト、アップグレード、および更新プロジェクトをいつでも高い信頼性で実装できます。また、信号の追跡および変更を管理することで、よりスマートなオペレーションが可能になります(PCS 7のユーザーには双方向インターフェースによるさらなるメリットがあります)。

Wackerのエンジニアリングツールの特徴は、データメンテナンスは一元化され、サプライヤーによる使用は分散していることです。COMOS統合エンジニアリングソリューションの導入以来、このコンセプトは最適にサポートされてきました。ドキュメントがより最新の状態で保たれ、データセキュリティが向上したことに加え、データ交換やインターフェースにおけるコストやリソースの削減が可能になりました。今後、さらなる削減の可能性があると見込んでいます。

Klaus Kraml, Senior Manager, CAx Systems & Applications, Engineering Services, Wacker Chemie AG, Burghausen, Germany

利点の概要

将来に対応

デジタル化の基礎としてのデジタルツイン

オートメーションエンジニアやプラントオペレーターは、COMOSを使用して実際のプラントの仮想イメージであるデジタルツインを作成できます。デジタルツインは、化学産業のような分野でのデジタル化の成功に欠かせないツールです。

image
デジタルツイン: デジタル化の基礎。

デジタルツインは、ソースが異なるオートメーションデータをCOMOSにインポートすることで構築します。デジタルツインでは、より迅速な障害復旧を目的としたインテリジェントな信号追跡などができ、化学産業分野の企業にとって大きなメリットとなります。機械装置の初期化中に問題が発生した場合でも、オペレーターはエラー信号に関するCOMOS内のすべての情報にアクセスでき、迅速かつ効率的な修理が可能になります。デジタルツインはプラントライフサイクルを通して利用でき、常に最新の状態で維持されます。これにより、デジタル化による将来的な企業の成功が約束されます。

リファレンス

オートメーションデジタルツインの実例

データ作成のソリューションは、化学産業分野で既に実装され、成功を収めています。実際の現場でCOMOSがデータの価値をどうやって向上させるかを説明する事例をご紹介します。

お問い合わせ

オートメーションデジタルツインでお客様のデータの価値を向上

統合ソフトウェアソリューションCOMOSを使用することで、デジタル化の成功の基礎であるデジタルツインを非常に簡単に作成できます。

image
シーメンスへのホットライン
お問い合わせ

使用事例

お客様のデータの価値を向上

目的別のCOMOSの使用事例をご紹介します。