制御設計を加速するバーチャルコミッショニング

image

TIAポータルを使用したシミュレーション、検証、およびコントローラーとマシンの最適化


お客様の設備を立ち上げるための試運転は非常に重要な工程です。そこで、大規模な修正が必要なのか、それともすべてが計画通りに進んでいるのかが判明します。実際のコミッショニングのリスクと作業負荷を軽減するために、TIAポータルのPLCSIM Advanced(バーチャルコントローラー)を使用したバーチャルモデルコミッショニングを提供します。
バーチャルコミッショニングは、生産ライン全体の個々の機能や機器の相互作用もバーチャル環境でシミュレートし、最適化することが可能になります。

シーメンスでは、TIAポータルに関するニュースを定期的に更新してお知らせします。
ニュースレターに登録する(英語)

品質の高い運用

バーチャルコミッショニングによる時間とコストの削減

一般原則として、エラーの発見が遅くなるほど、その解決にはより多くのコストがかかります。機械メーカーやプラントメーカーは、トラブルシューティングをできるだけ早く開発プロセスから始めることが重要です。目的は、実際のコミッショニング中に発生するエラー数を最小限に抑え、さらに別のエラーが発生しないようにすることにあります。これは、プロジェクトの計画およびエンジニアリング段階でのバーチャルコミッショニングによって実現できるようになりました。このプロセスにおいて、制御プログラムやビジュアライゼーションなどのデータのプランニングは、バーチャル環境で検証され最適化されます。このアプローチは時間とコストの両方を節約します。

TIA Portal integration

TIAポータルでのバーチャルコミッショニング

STEP 7およびTotally Integrated Automation Portal(TIAポータル)では、PLCSIM Advancedを使用して実際のコントローラーなしでコントローラーの機能をシミュレートし検証できます。 さらに、オープンなインターフェースを使用してセルやラインの他のコンポーネントとの連携をシミュレートすることができます。 シーメンスのハイライトビデオですべての利点を紹介します。

拡張性のあるソリューション

あるゆる要件に対応するバーチャルコミッショニング

コントローラーから個々のマシン、広範囲の生産ラインまで: シーメンスのバーチャルコミッショニングソリューションの製品は、機械メーカーやプラント事業者が望ましい結果をより迅速かつ確実に達成することを可能にします。

さらに詳しく

バーチャルコミッショニングの圧倒的なメリット

コントローラー、HMI、マシン、および生産ラインのバーチャルコミッショニングは、時間とコストを節約し、エラーや欠陥のリスクを減少させ、望ましい結果を迅速に達成します。 エンジニアリングフレームワークとしてTIAポータルを使用することで、ハードウェアおよびソフトウェアツールのすべての関連するデータにアクセスでき、バーチャル環境での開発やシミュレーション、最適化が可能になります。

シーメンスでは、TIAポータルに関するニュースを定期的に更新してお知らせします。
ニュースレターに登録する(英語)