多様な発電

あらゆる発電技術が必要

再生可能な発電技術が世界への貢献を拡大する一方、従来型の発電は、今後数十年にわたり、社会に信頼性のある電力を供給する重要な役割を果たし続けることが予想されます。実際、各国の地域的な条件を反映し、国によってさまざまな発電ミックスが存在します。このことから、利用可能なあらゆる発電技術の効率性をさらに開発していくことが必要となります。デジタライゼーションやビッグデータの可能性は、サービスの実施方法に革命を起こします。

化石燃料エネルギーから再生可能エネルギーへ

資源の最大化とコスト削減の推進

シーメンスでは、市場に最大の価値をもたらすイノベーションとテクノロジーに注力しています。例えば、シーメンスのHクラスのガスタービンは、複合サイクル発電の効率の高さで世界記録をうち立て、発電プラントの運営に必要な貴重な資源を守っています。洋上風力エネルギーでは、最も過酷な環境条件に耐えつつコスト効率の高い電力を発電するテクノロジーで市場をリードしています。しかし、イノベーションは新しい機器の開発にとどまらず、設置済みの資産の運営や保守にも及びます。

ビッグデータによって新たな可能性が開けています。ビッグデータをスマートデータに変換することにより、シーメンスは、視野の境界を越え、強力な洞察を生み出しています。デジタル・サービスは、発電資産の価値と性能を最大化することで生産性を向上し、結果的に収益性を向上します。デジタル・サービスの詳細を知るためのシーメンスの「サービスおよびスマートデータ・ツアー」に参加して、ご確認ください。

関連情報

関連情報

image
ディアマンティーナ発電プラント

ショートカット

エネルギー変換チェーン全体に必要な改良

持続可能なエネルギーシステムの課題に対応するためには、石油資源の利用から発電、送電、消費の改善に至るまでのエネルギー変換チェーン全体に対して何らかの措置を講じる必要があります。