エネルギーの効率利用

環境に優しい節約

エネルギーに必要なのは、最もクリーンなエネルギーではありません。特にビル、産業、交通においては、省エネルギーの巨大な潜在力が潜んでいます。これは、気候だけでなく、企業の支出と収益の面においても有益です。効率的なエネルギー消費は、気候保護にますます大きく寄与することになります。

省エネルギー製品およびソリューション

手付かずの巨大な潜在力

エネルギーの節約と効率的な利用は、未来に向けた持続可能なエネルギー供給の創造に関わる主要な二大要素です。これは、省エネルギー製品やソリューションをビル、産業、および交通において統合することによって達成できます。家庭の電化製品にも、効率を改善する機会があります。現代のスマートな家電製品は、1990年代のものに比べ、電力の使用が半分以下に抑えられています。それでも、潜在力が十分に発揮されているとはいえません。

image

オビル管理システムでエネルギー消費を最適化

世界で利用されるエネルギーの最大40%は、ビルで消費されています。幸い、継続的なエネルギー最適化プロセスによって、ビルのエネルギー消費は、3分の1以上という大幅な削減を実現しています。インテリジェントなビルテクノロジーは、エネルギー効率や快適性・利便性の強化に大きく貢献しています。これは、ビル利用者の生産性と企業の競争力を両方とも向上するという結果につながっています。最適化には、システムと構成要素のすべてが相互に緻密な調整を行うことが不可欠です。

 

電気車両やハイブリッドバスを活用する高エネルギー効率の交通

未来の交通は、電力モビリティーを基盤とします。バス、電車、電気自動車、さらには飛行機にも使用される電力モーターは、内燃エンジンに比べ約3倍の効率性を発揮します。再生可能なテクノロジーによって発電した電力を利用すると、CO2 排出をほぼゼロに抑える ことができます。電気自動車は、スマートグリッドの一部として統合することも可能です。車両の搭載バッテリをグリッドに接続している間は、バッファーとしての役割を果たします。

 

産業における省エネルギー

エネルギーコストは、全体的な生産コストの平均10%を占めています。鉄鋼、化学、製薬など、エネルギー集約型の産業では、この割合はさらに高くなります。そのような産業では、エネルギーコストだけで生産コストの40%を占めています。変わり続けるエネルギー市場やエネルギー政策によっても、産業に加わる規制やコスト圧力が高まっています。結果として、省エネルギーに多大な潜在性が発生してています。 エネルギー集約事業においてもエネルギーの節約が可能になります。例えば、鉄鋼メーカーのArvedi ESPのプラントにおけるエネルギー需要は、従来の発電プラントに比べて大幅に低い水準に抑えられています。 

 

シーメンスのソリューション

大幅な節約を実現する最先端のアプリケーション

環境と利用者の両方にメリットをもたらす上で、シーメンスは製品、システムおよびソリューションの独自のポートフォリオを提供できます。

関連情報

関連情報

image
image
image

ショートカット

エネルギー変換チェーン全体に必要な改善

持続可能なエネルギーシステムの課題に対応するためには、石油資源の利用から発電、送電、消費の改善に至るまでのエネルギー変換チェーン全体に対して何らかの措置を講じる必要があります。